Skip to content

ソコヌケニアカルイ 茶葉と肥料の関係

ソコヌケニアカルクコンニチハ。

プランターで植物を育てる上で

土や肥料などがとっても重要なんだろうなと思うこの頃です。

その中で調べていると

身近なものが肥料として使えると知りました。

自宅待機生活で肥料を買いに行くのが難しいいまの状態に

ぴったりだと思いますので紹介します。

まずは題名の通り、茶葉。

お茶派の私は毎日2-3杯のお茶を飲みます。

そこで使用したティーパックの茶葉を

肥料に使えるんだそうです。

早速やって見ました。

飲んだ後のティーパックをお日様に当てて乾燥させます。


ハサミで切って中身を取り出します。

当たり前ですが

しっかりお茶っ葉です。

これを土に混ぜ込むだけです。

また、土が匂う場合にお茶は消臭効果もあるそうです。

他にもバナナの皮はミネラル豊富で肥料に向いており

3日間ほど水につけて発酵させると

液体肥料となるそうです。

卵の殻の茹で汁も使えるそうです。

日本では米のとぎ汁は昔からよく使われていますよね。

こちらではパスタの茹で汁も使うらしいです

身近な食材を肥料として使えると

エコで植物にも優しくて一石二鳥な気がしますね。

さて、我が家の家庭菜園ですが

残念なことにトマトの茎が折れてしまいました。

買った時から少し傾いていたのですが

昨日気付いたら

一番太い茎のところが

ポッキリと。

急いで割り箸で支柱を作り補強しましたが

葉っぱは徐々に水涸れしてきています。

果たして復活してくれるんでしょうか。

それでは今日はこの辺で。

ソコヌケニアカルクオヤスミナサイ。

にほんブログ村

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です