Skip to content

ソコヌケニアカルイ オーガニックピーナッツバター

ソコヌケニアカルクコンニチハ。

アメリカのピーナッツバターを買った時に驚いたことがあったので書きたいと思います。

日本にいる頃からピーナッツバターが好きで、よくパンにつけて食べていました。

好きなのはSkuppyというブランドのピーナッツバターチャンク。

ピーナッツの粒入りが、なんともクセになるんですよね〜

お腹空いた時には、

こっそりと冷蔵庫に冷えてるピーナッツバターをスプーンですくって食べていたものです。

アメリカは日本以上にパン食文化のためか、

スーパーマーケットにバターやジャムの品揃えが豊富です。

ピーナッツバターコーナーには

複数種類のピーナツバター、そのほかにもアーモンドバターやカシューナッツバターなど

珍しいナッツバターが並んでいます。

今回、Trader Joe’s にてピーナッツバターを購入してみました。

それがこちら。

オーガニックピーナッツバター。

このピーナッツバター、開ける前、さらりとした液体状だったんです。

日本で慣れ親しんでいたピーナッツバターはどれも半固形状?で

冷蔵庫に入れておくとむしろ硬くて塗りにくい、というイメージだったので、

不良品を買ってしまったと思い、食べるのも躊躇していたのですが。

ネットで調べてみると、ピーナッツバターって、

ピーナッツと塩だけでできるらしいのですが、

そうするとオイルが分離してしまって液体状になるそうなんです。

よくみると記載が。

なので混ぜてから食べてみました。

すると濃厚なピーナッツそのものでした。

塩味はありますが、砂糖は入っていないため甘くない。

料理にも使えそうです。

あと、豆知識なんですが、

アメリカでは、ピーナッツバターと呼ぶためには、

ピーナッツが90%以上含まれていないといけないらしいです。

それ以下のものはピーナッツスプレッドと呼ぶそうです。

今度はピーナッツバターを料理に使ってみようと思います。

それでは今日はこの辺で。

ソコヌケニアカルクオヤスミナサイ。

にほんブログ村

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です